「絞首台の黙示録」読了

| トラックバック(0)

「絞首台の黙示録」読了。
メタフィクション的な試みの小説も多いが、この作品は「地の文」が信用できないばかりでなく、登場人物とともにその不安に巻き込まれるような特殊さがある。


Kindle版はこちら。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://manabu.s176.coreserver.jp/mt5/mt-tb.cgi/3919


アーカイブ

Books