「火花」読了

| トラックバック(0)

「火花」読了。
どんな業界にも考えすぎるヤツというのはいるものなのだと再認識。その意味でも、この作品をわが畏友 武富健治が漫画化するのは運命的なものなのだと感じる(彼もまた稀代の「考えすぎるヤツ」なので)。