「小松左京短編集 東浩紀セレクション (角川文庫)」読了

| トラックバック(0)

「小松左京短編集 東浩紀セレクション (角川文庫)」読了。
小松左京の短編の特徴は短編とは思えないほどの「重さ」だと思う。星新一のような「軽さ」を追求した作家と違うのはもちろん、他のどんな作家とも比較にならないほどずっしりとした読後感。
以前Twitterで回ってきた「たべてもたべても減らないおにぎり」のような。