「天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)」読了

| トラックバック(0)

「天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)」読了。
やはりこの流れは最終的にノルルスカイン対ミスチフ/オムニフロラの構図に収斂していくのかな。それとも作者はもうひとひねりふたひねりしてくるか。予断するのもそれを裏切られるのも楽しい。