「世界の誕生日 (ハヤカワ文庫 SF ル 1-11) (ハヤカワ文庫SF)」読了

| トラックバック(0)

「世界の誕生日(ハヤカワ文庫SF)」読了。
ル=グウィンの短編集。性や婚姻をテーマにした作品を多く収める。4人で結婚する習慣がある社会を舞台にした「山のしきたり」が秀逸。だが、このテーマはすでに半村良が「H氏のSF」でやっちゃってるんだなあ<やってない。