「大江戸恐龍伝 一 (小学館文庫)」読了

| トラックバック(0)

「大江戸恐龍伝 一 (小学館文庫)」読了。
ずっと読みたかった作品がついに電子書籍化。平賀源内とか長谷川平蔵とか、日本史の教科書か時代小説みたいな人物がどんどん登場して、文体は「キマイラ」や「陰陽師」、というクセになりそうな本。