2016年4月アーカイブ

「大江戸恐龍伝 三 (小学館文庫)」読了。
折り返し点にきて俄然盛り上がってきた。わくわく。


Kindle版はこちら。

「大江戸恐龍伝 二 (小学館文庫)」読了。
資料を漁って面白いエピソードが見つかるとどんどん抜き書きしてしまって話が本筋から外れていくこともたびたび。#いいぞもっとやれ


Kindle版はこちら。

「巨娘(2) (アフタヌーンKC)」読了。
痛快と粗暴は紙一重。


Kindle版はこちら。

「巨娘(1) (アフタヌーンKC)」読了。
漫画雑誌のWebサイトで試し読みして電子書籍版の単行本購入。完全に出版社の術中にはまっている感じ。


Kindle版はこちら。

「大江戸恐龍伝 一 (小学館文庫)」読了。
ずっと読みたかった作品がついに電子書籍化。平賀源内とか長谷川平蔵とか、日本史の教科書か時代小説みたいな人物がどんどん登場して、文体は「キマイラ」や「陰陽師」、というクセになりそうな本。


Kindle版はこちら。


「サブマリン」読了

| トラックバック(0)

「サブマリン」読了。
同じ作者の「チルドレン」の続編にあたるとのことだが、前作の内容はあまり覚えていない。いい加減なのになぜか万事うまくいってしまう上司/先輩、というものにあこがれてしまう今日この頃だが、まあ世の中そんなに甘くはなくて、いい加減なのでいろいろうまくいかない(笑)。


Kindle版はこちら。

「多々良島ふたたび: ウルトラ怪獣アンソロジー (TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE)」読了。
ウルトラシリーズをテーマとしたアンソロジー。以前読んだ「怪獣文藝」「怪獣文藝の逆襲」と同様のコンセプトであるが、円谷プロとハヤカワが本気でやっている感じが伝わってくる執筆陣と内容。

「進撃の巨人(19) (講談社コミックス)」読了。
圧倒的に強い敵に対して人類がどう対処するのか、というのがこの作品のメインテーマではなかったのか。
なんか最近戦力が伯仲してしまって、ガンダムみたいになってる。


Kindle版はこちら。

「なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか-有名事件13の原因メカニズムに迫る- (B&Tブックス)」読了。
会社の研修で配られた参考図書だが、面白く読んだ。
タイトルの問いに一言で答えるなら、「経営者が問題を他人事(部下の仕事)としてしかとらえようとしないから」になろうか。


アーカイブ

Books

ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 9 (MFコミックス ジーンシリーズ) あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略 蒼穹の昴 全4巻セット

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

192065251