2015年12月アーカイブ


2015年の読書を振り返る

| トラックバック(0)

私にとっての #2015年の本ベスト約10冊 は以下のとおり。
「光圀伝」
「オービタル・クラウド」
「王とサーカス」
「叛逆航路」
「フラジャイル(1~4)」
「悲嘆の門」
「美森まんじゃしろのサオリさん」
「田中雄一作品集 まちあわせ」
「有頂天家族 二代目の帰朝」
「機龍警察 火宅」
毎年100冊を目標にしているが今年は遠く及ばず90冊どまり(電子書籍比率82%)。
もう一つ目標としたデータ分析関連は(数え方にもよるのだが)19冊と目標を達成したし、本当に勉強になる本にも出会えたように思う。
データ分析分野2015年の本ベスト3冊 を選ぶとすれば、以下。
「基礎から学ぶ楽しい疫学」
「「みんなの意見」は案外正しい」
「日産で学んだ 世界で活躍するためのデータ分析の教科書」

来年も引き続き全100冊、データ分析分野で10冊を目標に読んでいこう。
皆さま、良いお年を。

「叛逆航路 (創元SF文庫)」読了。
世界の名だたるした作品。
設定を一読しただけでワクワクしてくる、実にSFらしいSF。またその設定ゆえに、世にも珍しい「一人称かつ神の視点」とでもいうべき珍しい文体で記述される。ネタバレになるので詳述は避けるが、この文体が本作前半だけのものになってしまうのは本当に惜しい。


Kindle版はこちら。

「「少し先の未来」を予測する クックパッドのデータ分析力」読了。
求めていたものとはちょっと違ったけれど「自社内で自らのアイディアを売り込む」ときのアプローチの教科書としてとても参考になりそう。

「進撃の巨人(18) (講談社コミックス)」読了。
プロの漫画家をつかまえていうことではないのは百も承知だけど、なんか絵がうまくなってるような気がする。


Kindle版はこちら。

「エクソダス症候群 (創元日本SF叢書)」読了。
精神医療をテーマとする、作者の初長編。なんとも言えない切迫感がある。作者は“うつ病からの脱出に成功した人たちをレポートするドキュメンタリーコミック”「うつヌケ」に登場しているようだ。単行本が出たらそちらも読んでみよう。


Kindle版はこちら。

「日産で学んだ 世界で活躍するためのデータ分析の教科書」読了。
良書。初心者にもお勧めだが、日々の業務に追われて分析の段取りが雑になりがちな中級者にこそ手に取ってほしい。

「ユートロニカのこちら側 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)」読了。
受賞作。
輝きに満ちて平和で、しかし住んでいるのは「哲学的ゾンビ」だらけというディストピアを描いた連作。SFとしては結構ありきたりなテーマなのに、こんなにも示唆に富んでいると感じてしまうのは、この怖さが身近なものに思えるからなのだろう。恐ろしい「あるあるネタ」だ。


Kindle版はこちら。


アーカイブ

Books

闇のパープル・アイ (1) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 希望荘 ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) 探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA) バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA) 向う端にすわった男 (ハヤカワ文庫JA) 消えた少年 (ハヤカワ文庫JA) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 取締役の法律知識 (日経文庫) 三鬼 三島屋変調百物語四之続 現場ですぐ使える時系列データ分析 ~データサイエンティストのための基礎知識~ ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版] (知らないと困るWebの新ルール)

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

143493213