2015年11月アーカイブ

「砂星からの訪問者 (朝日文庫)」読了。
予想外の(?)続編。“猫族のメガネっ娘”に目がない方はもちろん、普通に、ただ、SFが好きなだけ、と言い張る方にもおすすめ。



Kindle版はこちら。

「フラジャイル(4) (アフタヌーンKC)」読了。
あっという間に既刊に追いついてしまった。奥付を見て、電子書籍化のペースが速いので喜んでいたのだが、以降は四半期に1冊くらいか。この待ち遠しさが嫌で、特に漫画は「完結後、電子書籍で、全巻まとめ買い」と心に決めたのに全く守れていない。



Kindle版はこちら。

「フラジャイル(3) (アフタヌーンKC)」読了。
やばい。もう寝なきゃいけないのに。



Kindle版はこちら。

「フラジャイル(2) (アフタヌーンKC)」読了。
うむ、読み始めると時間が飛ぶ感覚は久し振りだ。いいぞ。



Kindle版はこちら。

「フラジャイル(1) (アフタヌーンKC)」読了。
講談社のサイトで第1話を試し読みして気になっていた本。完結していない作品を追っかけるのは苦しいので手を出せずにいたのだが、今度ドラマ化されると聞いて、なんとなく悔しくて購入。
サイトで作品の一部を無料公開することは賛否あるのかもしれないが、良い作品は売れるので、関係者各位は自信を持って進めてほしいなと思う。



Kindle版はこちら。

「ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)」読了。
現役のミステリー作家たちにその創作の秘訣を聞く、という意欲的な趣向の本。宮部みゆきの天才(あるいは天然)ぶりが際立つ。とぼけているだけかもしれないが。



Kindle版はこちら。


電子書籍版を読んだが、正直読みにくかった。アンケート結果などに逐一リンクを張っているのだが、意図しない時にリンク先に飛んでしまい戻れずに必死にページを送るということが複数回発生した。今後のさらなる洗練に期待。

自分の稼ぎでPCを買うようになってかれこれ20年、自宅のメインマシンは常にデスクトップ型にしている。3年~5年でHDDが死ぬのを機に買い替えるということを続けてきたが、今回はちょっと違う経緯で7代目のデスクトップPC(ちなみにノート型は一昨年買った4代目が稼働中)を導入することとなった。
遠因になったのは2年前にHDDをSSDに交換したこと。



おかげで劣悪な(埃っぽい・暑い)環境での酷使にもかかわらずディスクは無事だったが、代わりにビデオカードand/orマザーボードが死亡。カバーを開けてみるとCPUとビデオカードの冷却ファンに埃が詰まっていた。ビデオカードを何枚か取り換えてみたが(!!)状況は改善せず、本体を買い替えることにした。


この20年で初めて選ぶ富士通機。余計なアプリがプリインストールされていることは懸念されたが、価格性能比で決めた。
そこからがいろいろ大変だった。
まず、HDMIケーブルが入らないのがケチのつき始め。今回のPCはインターフェースとして「DisplayPort」が用意されていたが、これを一般名詞と勘違いしたのが原因。既存のディスプレイ(一昨年買い替えたがまだ3代目)はそんなハイカラな規格には対応していない。結局DisplayPort~HDMIの変換ケーブルを購入して対応することに。


しかし、映らない。BIOS設定をいじればなんとかなるのではと思ったのだが、映らない。最後には押し入れの奥底から引っ張り出してきたDVIケーブルで接続して解決した。この「BIOS設定画面がDisplayPort~HDMIに出力されない(らしい)」という仕様(?)には後でもう一度苦しめられることになる。
さて、画面が映るようになり、先代PCからのデータ移行(取り外したSSDを新PCに増設してコピー。楽ちん)も無事に完了した矢先、今度はマウスの調子がおかしくなった。
使っていたマウスはLogicoolのワイヤレスキーボード/マウスのセット。