「悲嘆の門(下)」読了

| トラックバック(0)

「悲嘆の門(下)」読了。
社会派ミステリー、時代物、ファンタジーなど、宮部みゆきは複数のジャンルで一級の作品をものし続けている。本書と設定を共有する「英雄の書」ももちろん面白かったのだが正直、他の作品に比べるとちょっと見劣りがする印象を持っていた。
本書において、作者は社会派ミステリーとファンタジーのクロスオーバーという一見困難な手法に挑戦し、大成功している。