「皆勤の徒 (創元SF文庫)」読了

| トラックバック(0)

「皆勤の徒 (創元SF文庫)」読了。
などを受賞している表題作は創元のアンソロジーで読んでいたが、まとめて読むとまた格別。たてものも風景も、何もかもが得体の知れない汁をたらして蠢き続けているような描写は、脳内での映像化が追いつかないレベル。
巻末解説の末尾に曰く、この本、英訳されているとか。かの国にも無謀な冒険者がいるのだ。