「係長・山口瞳の<処世>術 (小学館文庫)」読了

| トラックバック(0)

「係長・山口瞳の<処世>術 (小学館文庫)」読了。
この本は山口瞳の会社員としての側面に焦点を合わせている。本来なら先に代表作のいくつかに目を通した上で「ああこういう一面 も あったんだなあ」と受け止めるのが正しい。のだが。