「ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)」読了

| トラックバック(0)

「ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)」読了。
中学生による校内裁判、というと武富健治「鈴木先生」を思いだす。漫画やドラマならば端役扱いであっても「生徒たち」は登場する(させざるを得ない)が、小説ではストーリーに関係のない人物をわざわざ描写することは珍しい。結果、小説で裁判という「役者の多い」活動を始めると、これまで存在しなかった登場人物が続々と現れることになる。作者の苦労がしのばれる。