「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)」読了

| トラックバック(0)

「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)」読了。
読み物のジャンルに貴賤はないと私は思っているが、このシリーズは「ライトな」ミステリだと分類されることが多いようだ。
謎の発生から手がかりの(それとない)提示、解決までの間が短いこと、つまり謎解きのストレスを読者に長時間かかえさせないことがその「軽さ」のゆえんなのかと思うが、問題は手掛かりの提示のそれとなさ加減ではないだろうか。作者の、あるいは作品の「癖」に慣れてしまうとちょいと興醒めではある。まあ、それを差し引いても面白く読めるので文句を言う筋合いではないか。