「お文の影 (角川文庫)」読了

| トラックバック(0)

「お文の影 (角川文庫)」読了。
帯の惹句にいわく「心に沁みる宮部怪談」。正統派あり、人情噺ありと多彩な作品群となっているのはさすが。また、他の作品でおなじみの登場人物が活躍する作品も嬉しい。宮部みゆき版「秘密」とでもいうべき「ばんば憑き」が怖い。