「偶然の科学 (ハヤカワ文庫 NF 400 〈数理を愉しむ〉シリーズ)」読了

| トラックバック(0)

「偶然の科学 (ハヤカワ文庫 NF 400 〈数理を愉しむ〉シリーズ)」読了。
この本は一般に「常識」と呼ばれるものがフィルターとなって我々の判断を誤らせているのではないか、という問題を投げかけてくる。日常生活からビジネス上の判断にいたるまで、自分が非常にアサハカな前提のもとに判断を下してきた/下しているのではないかという恐怖にとらわれる。