「天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)」読了

| トラックバック(0)

「天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)」読了。
小川一水の作品全般に言えることだと思うが、このシリーズにも絶対的な悪人は登場しない。たとえば宮部みゆきの一部の作品に出てくるような、共感も矯正も不可能としか思えないタイプ。そのかわり、各人が懸命に自らの信念に従って行動すると事態がどんどん悪くなっていく、絶対的な悪状況、とでも言うべきものに満ちている。ほんとに、みんなこんなに頑張ってるのにどうしてこうもうまくいかないのか。
さて、物語は7巻、10冊目にしてようやく輪っかの連結点が見えてきた感じ。次巻が楽しみだ。