「鬼の跫音 (角川文庫)」読了

| トラックバック(0)

「鬼の跫音 (角川文庫)」読了。
お化けが怖い幽霊が怖い、いやいや生身の人間が一番怖い、と様々なことが言われる。しかしそれらは所詮「お化けなんてないさ」「そんな奴はいないよ」と存在を否定してしまえる存在ばかりだ。この本に収められている話はいずれも、存在を否定することも逃げることも目を背けることさえも出来ない存在ー自分ーが一番怖いということにされてしまう。
これは、怖い。