Reading: 2013年1月アーカイブ

「ザ・万歩計 (文春文庫)」読了。
「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」の作者によるエッセー。クラス一のひょうきん者の物言いではなく、普段はおとなしいタイプの旧友が唐突にぼそっと面白いことを言うような、そんな感じのおかしさがある。

「陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)」読了。
「陽気なギャングが地球を回す」の続編。前作で登場した4人組+αが銀行を襲いながらも謎解きや人助けに奮闘する。この作者の他の作品のように構成そのもので読者をだますようなことにはなっていないが、作品の各所につくられた「ひっかかり」が最後の一本の糸を引くとするするとほどけて一本につながるような快感がある。

「鍋奉行犯科帳 (集英社文庫)」読了。
この作者がこんなのも書いているとは意外だった。SFじゃないし、地口落ちじゃないし。とはいえ全体に漂う「んなアホな」感(褒め言葉)は健在で肩のこらない読み物だった。大阪出張の帰りに読むのにちょうど良かった。

「空想科学少女リカ (空想科学文庫)」読了。
「空想科学読本」の柳田理科雄が(共)作者としてクレジットされているSF小説。この作者のことだからびしっと科学的考証を加えて一部の隙もないだろう、と思いきや意外に安直な設定で逃げているところも多かった。巻末にある「ひよどり高校 学校生活の手引」が丹念に読むと笑える。

「植物図鑑 (幻冬舎文庫)」読了。
あっさりしたタイトルから、七草粥くらいのあっさり感を予想していたら御節料理クラスのべた甘だった。まあこれはこれで面白い。正月だし。松もとうに明けたけど。

「グイン・サーガ・ワールド 6 (ハヤカワ文庫JA)」読了。
今後、これらの続編が確実に単行本化されるのであればこの体裁で刊行される「雑誌(なのかな)」は避けておいたほうが良いのかもしれないなあ。

「グイン・サーガ・ワールド5 (ハヤカワ文庫JA)」読了。
ついに、というべきなのだろう。他の作者によるグインサーガ本編の続編が開始された。若干、登場人物の性格の変化など気になる部分はあるが、許容できる範囲だとわたしは感じた。がんばって物語のけりをつけてほしいものだと思う。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 昭和元禄落語心中(1) (KCx) 昭和元禄落語心中(2) (KCx) 昭和元禄落語心中(3) (KCx) 昭和元禄落語心中(4) (KCx) 昭和元禄落語心中(5) (KCx) 昭和元禄落語心中(6) (KCx) 昭和元禄落語心中(7) (KCx) 昭和元禄落語心中(8) (KCx) 昭和元禄落語心中(9) (KCx) 昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 進撃の巨人(28) (講談社コミックス) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (少コミフラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 生まれ変わり (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 巨星 ピーター・ワッツ傑作選 (創元SF文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

207704615