2012年10月アーカイブ

「「IT断食」のすすめ (日経プレミアシリーズ)」読了。
企業、それもいわゆるユーザー企業のIT部門に所属する身としては、読みながら苦笑せざるを得ない。ただ、タイトルから受ける印象ほど過激なことが主張されているわけでもない。食物の喩えを引っ張るなら「本当にそんなに食べなければいけないんですか、食べすぎではありませんか?」「そんな贅を尽くした料理が求められてるわけではありませんよね、もっとシンプルな調理方法があるのでは」、といった程度ではないかと。

「風の海 迷宮の岸 十二国記 (新潮文庫)」読了。
以前読んだ「魔性の子」の前日譚に当たる作品。このシリーズ、以前に講談社から出ていたものを新潮文庫で再度刊行しているのだが、刊行のペースが遅い。私はのんびり構えて出た端から読んでいこうと思っているが、息子は待ちきれなくなって講談社版を、しかも図書館で借りてきて読んでいる。関係者誰にとってもうれしくない話だと思うのだが、もう少し何とかならないものだろうか。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

220002460