Reading: 2012年8月アーカイブ

「夢中になる!江戸の数学 (集英社文庫 さ)」読了。
江戸時代に日本独自の発達を遂げた「和算」についての本。「天地明察」を読んだりしてこのところ和算づいている息子へのプレゼント、をちょいと拝借。
豊富な実例と共に、和算の独自性や先進性が紹介されていて、日本人でいる事を自慢したくなる。独自の文化を花開かせることができるのなら、鎖国というのもそう悪いものではないのではないか、とまで思ってしまう。
巻末の問題集は、中学生の息抜きに最適。

「天獄と地国  (ハヤカワ文庫JA)」読了。
つまり、あれだ、ダイソン球の外に住んでいる人たちが巨大ロボット(?)それもギーガーあたりがデザインしたような感じのを使って頑張って中に入る話、と。(なんて乱暴なまとめだ…)


ちなみに受賞作。

「OUT OF CONTROL (ハヤカワ文庫JA)」読了。
映画化もされた「天地明察」でなどを受賞している冲方丁による短編集。「天地明察」の原型となった短編「日本改暦事情」を収めている。初出がホラー系アンソロジーの作品も含まれているのが、めっぽう怖い。最近はめっきり時代小説づいてしまっている作者だが、こっちのほうが好きなのではないかと勘ぐりたくなる。

「ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)」読了。
受賞作。この作品が感じさせるような、一つのIfから大きく敷衍していくわくわく感というのはSFの醍醐味の一つだと思う。

「クジラの彼 (角川文庫)」読了。
先日読んだ「ラブコメ今昔」の前編に当たる国防ラブコメ(作者はこう呼んでいるようだ……)短編集。同作者のいわゆる「自衛隊三部作」と関連する作品もあり、まっったく違う作品内容には驚かされる。

「盤上の夜 (創元日本SF叢書)」読了。
囲碁、麻雀、将棋といったいわゆるテーブルゲームをテーマとしたSF連作短編集。ゲームがテーマなのに、いや、だからこそ、なのか、人間の業のようなものが漂ってくる感じで強い印象を受ける。

「NOVA 8 ――書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)」読了。
編集後記にいわく「年明けからずっと、来る日も来る日もひたすらSF短編を読みつづけていた気がする」。すごい苦行なんだろうけど、うらやましい……。

「スイッチを押すとき (角川文庫)」読了。
「後味の悪い小説」と某所で紹介されていたが、特に後味の悪さは感じなかった。終盤、若干くどい感じは確かにした。

「陰陽師 天鼓ノ巻 (文春文庫)」読了。
主人公2人がじゃれあっている様子が何とも。


アーカイブ

Books

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 魔術師ペンリック (創元推理文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

194852095