2011年7月アーカイブ

「プログラマのための文字コード技術入門 (WEB+DB PRESS plus)」読了。
自分が想定読者層でないことは覚悟の上だったが、難しいなあ。

「涼宮ハルヒの驚愕(後)」読了。
前作から数年あけるという出版間隔もさることながら、このボリュームで2分冊にする理由がわからない。面白かったからいいんだけどさ。

「涼宮ハルヒの驚愕(前)」読了。
前作を読んだのが3年前(前作の出版はさらにその1年前)。1エピソードをひっぱるにしては開けすぎではないかと思う。

「グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略」読了。
目次を見て“グランズウェル”という言葉の連呼にめまいを覚える。最新のマーケティングトピックの筈なのに、キーワードの扱いは昔ながらの連呼型なのが笑える。キーワードがさまざまなニュアンスで使われ、結果的に定義をぼやかしてしまっているのも特徴といえば特徴。曰く、「グランズウェルに参加する」「グランズウェルと対話する」云々。この手法(?)、以前に読んだ「マネジメント」でも使われていたのを思い出す。「なんかよくわからないけどすごく重要そう」という印象を植え付けるだけならそれでもいいのかもしれないが、煙に巻かれている感じがしていい気分ではない。


もひとつ言うと、groudswell(あるいは2語に分けてground swell)の発音はグラウンドスウェルかグラウンズウェルのほうが適切なのではないかと思う。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 10 (MFコミックス ジーンシリーズ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 昭和元禄落語心中(5) (KCx) 昭和元禄落語心中(6) (KCx) 昭和元禄落語心中(7) (KCx) 昭和元禄落語心中(8) (KCx) 昭和元禄落語心中(9) (KCx) 昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx) 進撃の巨人(29) (講談社コミックス) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (少コミフラワーコミックス) 没イチ パートナーを亡くしてからの生き方 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) ナイトフライヤー (ハヤカワ文庫SF) アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー (ハヤカワ文庫JA) 三体 クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) さよならの儀式 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

216418675