2011年7月アーカイブ

「プログラマのための文字コード技術入門 (WEB+DB PRESS plus)」読了。
自分が想定読者層でないことは覚悟の上だったが、難しいなあ。

「涼宮ハルヒの驚愕(後)」読了。
前作から数年あけるという出版間隔もさることながら、このボリュームで2分冊にする理由がわからない。面白かったからいいんだけどさ。

「涼宮ハルヒの驚愕(前)」読了。
前作を読んだのが3年前(前作の出版はさらにその1年前)。1エピソードをひっぱるにしては開けすぎではないかと思う。

「グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略」読了。
目次を見て“グランズウェル”という言葉の連呼にめまいを覚える。最新のマーケティングトピックの筈なのに、キーワードの扱いは昔ながらの連呼型なのが笑える。キーワードがさまざまなニュアンスで使われ、結果的に定義をぼやかしてしまっているのも特徴といえば特徴。曰く、「グランズウェルに参加する」「グランズウェルと対話する」云々。この手法(?)、以前に読んだ「マネジメント」でも使われていたのを思い出す。「なんかよくわからないけどすごく重要そう」という印象を植え付けるだけならそれでもいいのかもしれないが、煙に巻かれている感じがしていい気分ではない。


もひとつ言うと、groudswell(あるいは2語に分けてground swell)の発音はグラウンドスウェルかグラウンズウェルのほうが適切なのではないかと思う。


アーカイブ

Books

進撃の巨人(24) (講談社コミックス) 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則 取締役の法律知識 (日経文庫) 現場ですぐ使える時系列データ分析 ~データサイエンティストのための基礎知識~ ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版] (知らないと困るWebの新ルール) すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

165958937