xreaからcoreserverへの引越し≒文字化けとの戦い

| トラックバック(0)

5月の連休中、長年(8年弱)利用したxreaサーバーから引越した。といっても、引越し先は同系列のコアサーバー

(CORE-Aプラン)。
引っ越した理由はいくつかある。まず、現在の契約が5月末に切れること。そしてこのところ動的に生成しているページでちょくちょくエラー(MySQLの最大接続数超過)が出るようになっていたことが大きい。ディスクの容量に余裕はあったものの、先日から比較的容量を食う仕組みを動かしていることもあり、この時期での引越しとなった。
引越し先は、本来もう少し幅広く情報を集めるべきだったのだが、coreserverに。これもいくつか理由はあるのだが、

  • 運営会社が一緒で移行しやすそうだったこと(実際、DBのExport/Import、ファイルのサーバー間コピーツールはずいぶん助かりました)
  • value-domainを使い続けられる
  • MySQLの表領域とヴァーチャルホストを無制限に追加できる

移行しやすそうだったにも関わらず苦労したのは、さまざまなサイトで言及されている通り、MySQLの文字化けのため。大きく4つに分けると以下の通り。

●移行データの文字化け、およびそれに伴うインポート失敗
→単純に化けるだけでなく、インポート時にインデックスの文字数超過で失敗するケースが多発。結局インデックスをドロップ下上で再度エクスポート、新サーバーにコピーしたエクスポートファイルをコマンドラインから文字コードを指定してインポート。
●MovableTypeでの文字化け
故あって塩漬けにしているMT3.3でのみ発生。mt_configに「SQLSetNames 1」を加えてやったら解決
●自作プログラムでの文字化け
db_connectするつど「mysql_set_charset(‘utf8′);」を追加して回避。DB接続の記述をまとめておいて本当によかった。
●phpmyadmin(管理用Web画面)での文字化け
じつはこれがまだ解決していない。とりあえず全角文字列を扱うクェリーを投げるときにはおまじないとして「set names utf8」を投入しているが、もう少しスマートなやり方があるに違いない。

素人らしい、テキトーな解決/回避である。まあいいか、動いてるし。

参考にさせていただいたページ(助かりました。ありがとうございました。):


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://manabu.s176.coreserver.jp/mt5/mt-tb.cgi/2820


アーカイブ

Books

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 動乱星系 (創元SF文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) 夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

199136079