2010年11月アーカイブ

「アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)」読了。
これも映画を先に観たが、ちょっと後悔。この作者の作品にしては構成面での仕掛けは少ないが、その仕掛けは知らずに読んだほうが楽しかったはず。
でも面白かった。

「コトラーのマーケティング3.0」読了。
マーケティングという分野のもつある種の胡散臭さに未だに馴染めない。この本を読みながら違和感の原因を考えていたが、概ね以下の3点に落ち着くように思う。
・定性的
・結果論
・無責任
もう少し専門的な勉強をすればすっきりするのかもしれないが、この本を読んでもこうした胡散臭さは解消できなかった。失礼な言い方をさせてもらえば、マーケティングは錬金術士や呪術医のやっていたことと変わらないように私には感じられるのだ。錬金術が化学につながり、おまじないが疫学や医学に昇華していったようなプロセスがマーケティングにも必要なのではないだろうか。



アーカイブ

Books

逃げるは恥だが役に立つ(6) (KC KISS) 逃げるは恥だが役に立つ(7) (KC KISS) 逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS) 逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫)

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

173953264