Reading: 2010年10月アーカイブ

「獣の奏者 (4)完結編」読了。
「このシステム、何でこういう仕様になってるんだっけ?」「うーん、今となってはもうわからないなあ。でも、要望も来てるし変えちゃおう」→大トラブル、という、たいへん身につまされるお話。

「獣の奏者 (3)探求編」読了。
決して薄手の本ではないが、大変読みやすい。息子も、珍しいことには妻も、一気に読み通していた。
作者のは「守り人シリーズ」で様々な賞を取っているが、このシリーズももっと評価されていいのではないだろうかと思う。

「Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)」読了。
なんとなく理解した気でいた事柄を、正面から解説してもらうのはとても大事なこと。仕事に直接役立つわけではないが、今後じわじわと効いてくるかもしれない。
HTMLとATOM、Microformat、JSONが同列に論じられているのも新鮮だった。「そういう重み付けになっているのか」という発見は重要だとおもう。

「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」読了。
この作品は佳作となった「悪党たちが目にしみる」を原型としている。Wikipediaの作者の項には「2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー」とある。その後の作者の活躍を考えると、サントリーも大きな魚を逃がしたものだと思う。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 昭和元禄落語心中(1) (KCx) 昭和元禄落語心中(2) (KCx) 昭和元禄落語心中(3) (KCx) 昭和元禄落語心中(4) (KCx) 昭和元禄落語心中(5) (KCx) 昭和元禄落語心中(6) (KCx) 昭和元禄落語心中(7) (KCx) 昭和元禄落語心中(8) (KCx) 昭和元禄落語心中(9) (KCx) 昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 進撃の巨人(28) (講談社コミックス) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (少コミフラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 生まれ変わり (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 巨星 ピーター・ワッツ傑作選 (創元SF文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

207470075