2010年10月アーカイブ

「獣の奏者 (4)完結編」読了。
「このシステム、何でこういう仕様になってるんだっけ?」「うーん、今となってはもうわからないなあ。でも、要望も来てるし変えちゃおう」→大トラブル、という、たいへん身につまされるお話。


「獣の奏者 (3)探求編」読了。
決して薄手の本ではないが、大変読みやすい。息子も、珍しいことには妻も、一気に読み通していた。
作者のは「守り人シリーズ」で様々な賞を取っているが、このシリーズももっと評価されていいのではないだろうかと思う。

「Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)」読了。
なんとなく理解した気でいた事柄を、正面から解説してもらうのはとても大事なこと。仕事に直接役立つわけではないが、今後じわじわと効いてくるかもしれない。
HTMLとATOM、Microformat、JSONが同列に論じられているのも新鮮だった。「そういう重み付けになっているのか」という発見は重要だとおもう。

「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」読了。
この作品は佳作となった「悪党たちが目にしみる」を原型としている。Wikipediaの作者の項には「2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー」とある。その後の作者の活躍を考えると、サントリーも大きな魚を逃がしたものだと思う。



アーカイブ

Books

進撃の巨人(24) (講談社コミックス) 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則 取締役の法律知識 (日経文庫) 現場ですぐ使える時系列データ分析 ~データサイエンティストのための基礎知識~ ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版] (知らないと困るWebの新ルール) すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

165446590