2010年8月アーカイブ

「卒業 (講談社文庫)」読了。
読む本を切らして困っていたら後輩のS君が譲ってくれた本(ありがとう助かりました)。
内容は、本格的な推理小説ってやつなのかもしれないが、犯罪者(あるいは犯罪的行動をとる人)がちょっと多すぎないか、という印象。

「重力ピエロ (新潮文庫)」読了。
これまた映画化された作品。映画化はうまくいったほうなのではないかと思う。やはり程よく端折るのは大事なこと(ラッシュライフにも登場するある人物が映画ではカットされていて個人的には残念なのだが)。

「天冥の標 3 アウレーリア一統 (ハヤカワ文庫 JA)」読了。
小川一水の最高傑作(になるのではないかと楽しみにしている)シリーズ、第3巻。
1巻2巻で容赦なく放置されていた謎に少しずつ手がかりを与えるというのは、明らかに作者が確信犯としてやっている感じで楽しい。また、各巻の登場人物同士になんとなく類型が見え隠れするのもいい。これは小川一水版「豊饒の海」なのではないか。

「ラッシュライフ (新潮文庫)」読了。
私は小説を映画化した作品については先に原作を読むようにしているが、この作者に限っては映画が先になることが多い。
で、この「ラッシュライフ」についていえば原作のほうが面白かった。この構成の面白さを映画にもってこようとしてもかなり難しいだろう。むしろその果敢なチャレンジ精神に拍手を送るべきかもしれない。

「量子回廊 (年刊日本SF傑作選) (創元SF文庫)」読了。
年刊日本SF傑作選も、2009年度版で3冊目。引き続き実に贅沢なラインナップで嬉しくなる。
受賞作「あがり」を収めている。

自己診断@千正.comに「CES-D(うつ病自己評価評価尺度)」を追加。このテスト、日本人はやや高めに判定が出る傾向があるらしい。

CES-D(うつ病自己評価評価尺度):自己診断@senmasa.com診断結果

16~20点=軽度うつ状態

あなたの得点:19点

軽度のうつ状態と考えられます。ただし、このテストでは日本人特有の「謙譲の美徳」のために若干判定が高めに出る場合もあるようです。

判定結果を鵜呑みにすることなく、心配なことがあれば専門の相談窓口、医療機関に相談しましょう。

「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略」読了。
仕事で自社ウェブサイトの将来についていろいろ考えていたところだったので、得るものが多かった。さまざまな(一般的にはコアとみなされる)情報を無料にすることでいかに儲けるか、ということを論じているように見える。が、その裏には「(これまでのビジネスにとらわれることなく)新たなマネタイズ(収益化)戦略を立てることの重要性」というテーマが隠れている。

「NOVA 2---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)」読了。
編者が自慢するだけのことはあって、実に豪華な執筆陣による豪華な短編集。こういうのがちょくちょく出るからSFを読むのはやめられない。

「MM9 (創元SF文庫 )」読了。
いわゆる「怪獣もの」でありながらSF小説としても本格的なものを目指す、というチャレンジがすばらしい。TVドラマ化もされており、こちらはこちらで「怪獣もの」の体裁をとりながら怪獣はほとんど画面に登場しないというすばらしいチャレンジ(笑)。
終盤「ネーミングだけでそこにつなげるかぁ」「設定上仕方ないかもしれないけど、そこに落とすかぁ」はあったけれど(いや、それだからこそ、か?)、昔ウルトラマンやゴジラに熱狂したことがあって、「空想科学読本」シリーズもニヤニヤしながら読んだような人におすすめ。ついつい読みふけってしまいます。
#現役小学生に与えてもOK。すっごく面白かった、とのこと。君は何もわかっちゃいないな。


2009年発表の第2位。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 11 (MFコミックス ジーンシリーズ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

218569138