Reading: 2010年7月アーカイブ

「世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)」読了。
いわゆる人種差別ジョークの中で、日本人の登場するものはそれなりの数があるが、オチの主眼が日本人におかれているものは案外少ない。本書で紹介されているのも、日本人は登場するもののオチの前に出てくる脇役扱い(起承転結の承)が多い。
とは言え、そうした扱いも、日本人に対する固定観念と共に変化しているという指摘は興味深い。また、準新作とでもいうべき、定番ジョークのあらたなバリエーションも楽しめる。


「野に出た小人たち (岩波少年文庫)」読了。
「借りぐらしのアリエッティ」原作の続編。前半は辛気臭い話が続くのだが、終盤は息もつかせぬ展開に(やや大袈裟か)。


「そうか、君は課長になったのか。」読了。
いや、まだなっておりません。
別に課長になっていなくても、社長になってても、読む意味を見出だせる本だとおもう。


「私の男 (文春文庫)」読了。
巻末解説に“何の予備知識もなく、先入観もなく、ただ読み始めるのがよい”とあるが、同感。あまりに退廃的でちょっとついていけないものを感じる向きには、同じ作者の「赤朽葉家の伝説」を先に読んでおくことをお勧めしたい。

ちなみに受賞作。


アーカイブ

Books