2010年4月アーカイブ

「蒸気駆動の少年 (奇想コレクション)」読了。
奇想コレクションの名に恥じないぶっ飛び具合。

「獣の奏者 I 闘蛇編」読了。
息子が同じ作者の「守り人シリーズ」を気に入ったのでその流れで読ませてみている。私自身は両シリーズとも未読だったのだが、なかなか面白い。NHKでアニメ化もされているようなので、今後の面白さについてもある程度の期待をしてもよさそう。
息子の読む本に対してはこれまで一方的に「これ面白かったから読んでごらん」と薦める一方だったが、いつの間にか自分の読む本は自分で選ぶようになり、私の知らない面白そうな本を見つけてくるようになってきた。
この調子なら、「なんか面白い本ない?」と息子を頼ることもできるようになるかな。

「天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)」読了。
2巻を読み終えると1巻を読み直したくなる。意外なものが「つながって」いて楽しい。
それにしても、贅沢に登場人物を使う作品だ。

「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ (奇想コレクション)」読了。
心ならずも2年越しの積ん読となってしまったが、やっと読み終えた。表題作が秀逸。

「虚構機関―年刊日本SF傑作選 (創元SF文庫)」読了。 大ベテランから新鋭まで幅広く取り上げたSFアンソロジー。既読の作品も意外に多かったが、気にするものか。

「虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)」読了。
夭逝したSF作家、伊藤計劃の出世作。
言葉の取り扱われ方としては川又千秋「幻詩狩り」を思わせるものがあったが、こちらのほうが具体的な姿を表現しない分だけ凄みがある。2008年発表の国内第1位獲得作品。
作者はがんのため2009年3月、34歳の若さで亡くなっている。詳細な著作リストも文庫本の1ページに収まってしまうのが哀しい。


アーカイブ

Books

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫) 闇のパープル・アイ (1) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 希望荘 ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 自分の「うつ」を治した精神科医の方法 (KAWADE夢新書) 大事なことに集中する―――気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法 取締役の法律知識 (日経文庫) 三鬼 三島屋変調百物語四之続 現場ですぐ使える時系列データ分析 ~データサイエンティストのための基礎知識~ ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版] (知らないと困るWebの新ルール)

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

139444430