2010年3月アーカイブ

「イノセント・ゲリラの祝祭 (下)」読了。
スピンオフ作品「廊下トンビの献身」に期待。


「イノセント・ゲリラの祝祭 (上)」読了。 事件は会議室で起きている場合もある。
「螺鈿迷宮 下 (角川文庫)」読了。 刊行順に読んでいるつもりでいたら、「ジェネラル・ルージュの凱旋」よりこっちのほうが先だったらしい。
「螺鈿迷宮 上 (角川文庫)」読了。 「イノセント・ゲリラ…」を先に読もうとしたら、どうも時間経過上こちらのほうが過去のようなので、急遽妻から取り戻して読み始めた。そういえばどこかに、この作者の作品は刊行順に読むこと、という記述があったような。
「NOVA 1---書き下ろし日本SFコレクション」読了。 長編もいいがやっぱりSFは短編がすき、本格SFも好きだがやっぱりバカSF大好き、というあなた!気が合いますね。この本お勧めです。
「食品偽装の歴史」読了。 一見、小難しそうな本だが、普通に読み物として面白かった。

mixiアプリを作ってみた

| トラックバック(0)
近頃ほうぼうで話題になっているmixiアプリを作ってみた。 まさに見よう見まねでいろいろなところからソースをコピーしてでっち上げて、なんとか動くようになった。 今日の辻占-http://mixi.jp/view_appli.pl?id=18775 (要ログイン) 今後、運用上の問題点を見極めていこうと思う。 いきなり問題点。 一般公開のためにカテゴリ登録が必要だが、カテゴリ登録には10人の利用者が必要。 えーと、友達が少ない人はmixiアプリを作るな、と(泣)。 前途多難。 よかったら使ってみてください。
「鈴木先生 9 (アクションコミックス)」読了。 ますますサイコホラーっぷりに拍車がかかっている気がする。怖いよー。
「孤宿の人〈下〉 (新潮文庫)」読了。 医療現場の描写や検視と犯罪捜査のかかわり等、最近流行りのテーマをちりばめて舞台を江戸時代に持っていっている。安易に用いれば物語がギクシャクしてしまいがちなこうした手法も、宮部みゆきの手にかかれば安心して読めるししかも面白い。周辺描写が丁寧なのももちろんだが、やはり物語りそのものの骨格がしっかりしているのだろう。

「孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)」読了。
ドラッカーに手こずっている間に、積ん読リストがやけに充実している。幸せな気分でまずは宮部みゆきから。
何か細い糸を丁寧に編み上げて行くような作品。何カ所か、目が粗くなってしまいそうなのをさりげなく手直ししているようなところもあり。雑誌連載されていたのだろうか。