2010年2月アーカイブ

「現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート――「6パターン・5ステップ」でどんな難問もスラスラ解ける!」読了。 Googleの入社試験でも出てくる(らしい)フェルミ推定問題の解き方と例題をまとめた本。ただ読むだけにせず、紙と鉛筆を用意して実際に解いてみるのがお勧め。
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」読了。 で、なぜ私がドラッカーなんか読んだかというと、古い友人の桂君がこの本を激賞していたから、なのです。「派生作品を楽しむにはまず元ネタから」。おかげさまで思わぬ勉強をさせていただきました。 で、この本もなかなか面白かったけど、電車の中でにやにやしながらこの本を読んでいる中年男、というのは絵的にさぞかしアレだったろうなぁ。
「マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]」読了。 マネジメントのバイブル、から重要部分を抽出したもの、らしい。 マネジメントという言葉がさまざまな用法で用いられ、ゲシュタルト崩壊を起こしてしまう。言葉が含む広い概念を狭めることなく使うために、あえてカタカナで使っているのだろうと想像するのだが、読んでいて疲れてしまう原因になっているように感じた。。読者層をたとえば会社経営に携わる人に絞って「経営者(層)」「管理する・経営する・運営する」などと狭く訳してしまうのもひとつの方法ではないだろうか。 ともあれ、そのバイブルっぷりはちょっと読むだけで強く伝わってくる。再読再々読するのももちろんいいが、毎朝1節だけ読んで、そこに書いてあることを心掛けて1日を過ごすような使い方もいいかもしれない。

「オーデュボンの祈り (新潮文庫)」読了。
映画化された「フィッシュストーリー」「重力ピエロ」が面白かったので伊坂幸太郎作品を読んでみることにした。予想通り面白い。味を占めて順次作者買いしていくことに決定。




アーカイブ

Books

闇のパープル・アイ (1) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 希望荘 ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) 探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA) バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA) 向う端にすわった男 (ハヤカワ文庫JA) 消えた少年 (ハヤカワ文庫JA) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 取締役の法律知識 (日経文庫) 三鬼 三島屋変調百物語四之続 現場ですぐ使える時系列データ分析 ~データサイエンティストのための基礎知識~ ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版] (知らないと困るWebの新ルール)

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

143561282