2009年10月アーカイブ

社内の情報共有用にApp Engineを使えないか、試そう。
社内には立派な情報共有基盤がたんまりあるのだが、管理者権限を渡してもらえないこともあって何かと面倒。
まずはCMS。App Engine Site Creator。そのままでは日本語が使えないのでマルコ式ネット白書の記事を参考に1箇所だけ書き換えて完了。
あ、app.yamlの書き換えはそれとは別に必須。これからも時々やらかしそうですが。

Google App Engineを使っていろいろやってみようと思う。Web上にいろいろ情報は出ているのだが、まずは参考書を購入。

「最後の星戦 老人と宇宙3」読了。
面白かったけど、「」の設定からは遠いなあ。


「きつねのはなし」読了

| トラックバック(0)

「きつねのはなし」読了。
怖さの種類が2ちゃんねるあたりの「怖い話スレッド」に近いのが気になるが、かもし出される雰囲気の濃さはさすが。

「ブルー・シャンペン」読了。
ジョン・ヴァーリイによる短篇集。これ1冊でヒューゴー・ネビュラ・ローカスそして日本の星雲賞を合わせて8つか9つ取っている。そういう先入観なしでも、70~80年代SFの傑作であることは読めば分かると思う。
特に「」は、PCがまだ8ビットだったころのコンピューターの怖さを存分に味わえる。

「なぜ女は昇進を拒むのか――進化心理学が解く性差のパラドクス」読了。
“ある種の職業に就く女性が少ないのは男女差別や文化的な要因ではなく、人類が生物学的に元来持つ性差によるもの”という主張を最新の研究や数多くのインタビューで固める形式の本。
事例を積み重ねてはみたものの、生物学的要因と文化的な要因を分離し切れていないという印象が拭い去れず、何が言いたいかは十分に把握できたが納得はできない「胡散臭い本」という評価。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) フラジャイル(16) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART1 (ハヤカワ文庫JA) 天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA) 天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART3 (ハヤカワ文庫JA) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 風待町(かざまちちょう)医院 異星人科 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) 古代戦士ハニワット(3) (アクションコミックス) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略 他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

221203469