2009年9月アーカイブ

「ラスト・イニング」読了。
「バッテリー」の続編というか外伝のような位置づけの作品。作者が続編書いてもいいかどうか、こっちをじっとうかがっていそうな気配。


「四畳半神話大系」読了。
前半を読んでいるときは、もっとミニマルな感じの作品かと思っていたのだが、各モチーフが順序を変えパートを変え繰り返され、それが終章で大きく展開していくさまは、ミニマルというよりは変奏組曲といった風情。


「謎の聖都―グイン・サーガ〈128〉」読了。
巻末に以下の記述があった。
“栗本薫さんは、2009年5月26日に、お亡くなりになりました。
 このグイン・サーガ128巻『謎の聖都』は生前に書き上げられたものですが、冒頭のエピグラフ、及びあとがきは、出版直前に書かれることになっていたため、本巻には掲載することができませんでした。
 ご了承ください。
 早川書房編集部”


「他諺の空似―ことわざ人類学」読了。
作者の遺作に当たるらしい。各章の頭に配されたジョークが楽しい。しかもいくつかは未知のものだった。大収穫である。
が、作者の政治的批判が激しすぎて素直に笑えないのは残念。残り少ない時間であれも言っておかなければ、これも書いておかなければという焦りがあったのだろうか。


「夜は短し歩けよ乙女」読了。
結論:京都は狭い(いいのかそれが結論で)。

ところどころで「千と千尋の神隠し」っぽい映像が浮かぶ。よきかな。



アーカイブ

Books

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 動乱星系 (創元SF文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) 夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス) 東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状 第7巻 ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

199640027