2009年7月アーカイブ


「水辺にて」読了

| トラックバック(0)

「水辺にて」読了。
カヤックを中心にすえたエッセイのはずなのだが。
「反射的に物語をつむいでしまう」のは物語作家の職業病なのだろうか、それともそういう癖がある人が作家になるのだろうか。