2009年1月アーカイブ


「ザ・ロンリー」読了

| トラックバック(0)

「ザ・ロンリー」読了。
23歳の男ってこんなにアホだったろうか。もうかれこれ15年前の事なのでさっぱり思い出せない。
……アホだったかな。
……アホだったかもな。
……アホだったな。
……うん、アホだったアホだった。

すみません。

「われらが英雄スクラッフィ」読了。
ジブラルタルからサルがいなくなるとイギリス人もいなくなる、という伝説に材をとった小説。軽妙で、気が利いていて、ちょっとだけはらはらさせて、最後は落ち着くところに落ち着くという大変よくできた読み物。だが、この伝説はいくらなんでも架空のものだろうと思ったらどうやら本当らしい。


「どぶどろ」読了

| トラックバック(0)

「どぶどろ」読了。
先日読んだ「日暮らし」の構成がこの本を意識していると聞いて読んでみた。前半の短編で紹介される登場人物たちが目の詰んだ網のような人間関係を構成し、終盤、物語の流れに引かれて思わぬ方向へ落ちていくのは壮観。

「ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール」読了。
ウェブアプリケーションを仕事にしているとどうしても「画面のレスポンスが悪い→バックエンド処理のチューニング」と考えてしまいがちだが、実はクライアント側の処理効率化でできること/やるべきことはたくさんあるのよ、という本。すべきことは14のルールにまとめられているが、中にはウェブサーバーの設定で解決するものなどもあり、関係各位が総力を結集しなければならないことには変わりない。14のルールを示すだけでなく、この本に挙げられている豊富な実例を引用して周囲を説得しましょう。


とりいそぎ作者が公開したFirefoxのプラグイン「YSlow」を導入。

「エンタープライズサーチ 技術と導入」読了。
いわゆる検索エンジンの技術解説とそれを企業内の各種情報(ウェブページ、MS-Office文書、DBなど)を対象に適用するための実践的な解説など、タイトルどおりの内容。だが、各章の間につながりがあまりなく、それぞれの章が渾身の力をこめて恐ろしく細かいところまで説明しているので通読するのは疲れる。興味のあるところを拾い読みして、あとは「ふーん」くらいで読み進めてしまうのもひとつの方策では。

「ミロクの巡礼 グイン・サーガ124」読了。
新年早々縁起でもないことですが、作者の寿命と物語の収束(あえて完結とは言うまい)の競争は、どうも前者が勝ってしまうのではないかと思えてきました。最近の話の発散ぶりは、まるで後継者あるいは2次創作者に供給できるだけのネタを供給しておこうとしているかのようです。
作者の健康を祈らずにはいられません。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 11 (MFコミックス ジーンシリーズ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

218569341