2008年12月アーカイブ


「東京裁判」読了

| トラックバック(0)

「東京裁判」読了。
受賞作。
“たいていの東京裁判論に見られる「悲憤慷慨」や「道徳的判断」をなるべく排除するよう努め”た結果、一大プロジェクトを題材にしたドキュメンタリー番組のような感触の本になっている。
一方、その感触とは別にこの本全体から立ち上ってくるのは、戦争を司法の場で取り扱うことの“茶番感”である。他のジャンルにも増して歴史・法律・政治には疎いのだが、戦争を裁判所で裁けるのなら(そしてその判断を当事者が受け入れられるのなら)、戦争の原因である国家間の利害対立をこそ裁判で解決すればいいのではなかろうか。


「サントリーがお客様の声を生かせる理由」読了。
つまり「お客様の声を生かすのが仕事だという指示がいきわたっているから」ということではなかろうか。社風とか心意気とか、そういう精神論とかではなく。きちんとコスト計算をした上でどこまでやるかを決めているからこそ過不足のない顧客対応ができるのだと思うのだが、どうだろうか。


「数学ガール/フェルマーの最終定理」読了。
子供のころは、いや、大学生だったころにも、まさか自分が数学に関する本を必要もないのにわざわざ読むなんて思いもよらなかった。
この間はわざわざ自分で金を払ってインフルエンザの予防接種を受けたし、大人って不思議だ。


「Googleを支える技術 巨大システムの内側の世界」読了。
システムの規模が単に大きいというだけではなく、Googleではその規模の大きさが定性的な変化を生んでいる。技術の解説が難解であっても「へー、そこまでやるんだ」とシンプルに感心できる。



1000エントリー突破

| トラックバック(0)

このブログを開始してかれこれ5年。いつの間にかエントリー数が1000を超えました。
当初はサイトの更新などこまごまと書いていたのですが最近は単なる読書記録専用ブログと化しています。
それでも長く続けていると意外な方が読んでくれていたりコメント入れてくれたりします。ありがたいことです。


「日暮らし〈下〉」読了

| トラックバック(0)

「日暮らし〈下〉」読了。
「ぼんくら」あまり人格を細かく描き込まれていなかった人物も、この「日暮らし」では丁寧に扱われている。脇役に対する作者の暖かい視線を感じる。



「日暮らし〈中〉」読了

| トラックバック(0)

「日暮らし〈中〉」読了。
<食べ物>と<季節感>に着目して読んでも楽しい。