2008年10月アーカイブ

「涼宮ハルヒの動揺」読了。
第6巻も短編集。
文化祭映画の予想を超えたぐだぐだっぷりに笑った。


「涼宮ハルヒの暴走」読了。
前作「〜消失」で、まだ読んだことのないエピソードへの言及があって戸惑ったが、なるほどそういうことか。


「涼宮ハルヒの消失」読了。
適当につけているのかと思いきや、意外なほどタイトルどおりの内容だった。
「~憂鬱」と併せて紹介した「カエアンの聖衣」の作者、バリントン・J・ベイリーが亡くなった。たぶんこのシリーズをまとめ買いしたのがなくなった当日。これも何かのお導きだろうか<違う。


「人類が消えた世界」読了。
人類が何らかの理由で消失した、という仮定に基づき、人類の残した足跡のうち何が残り何が消えるか、人類の残した傷跡のうち何が残り何が消えるか、を考察した本。「文明による地球環境の破壊」は、産業革命よりも前から行われてきたことに気づかされる。
この本を読むのは面倒だ、という向きには谷川俊太郎の「遠くから見ると」という詩をお勧めしておく。「ある意味、これで全部言えている」と思うので。
-一部抜粋-

人間がひとりもいない地球を夢見ること
むしろそれがすべての始まり
そこに死を見るのは思い上がりだ

------



「涼宮ハルヒの退屈」読了。
雑誌掲載された短編をまとめたもの。(おそらくは加筆によって)本編の時系列との関連を明らかにしているのがありがたい。
235ページ、ヘリンボーン(杉綾)ではなく、ヘリボーンの誤りでは。