2008年9月アーカイブ

「シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ」読了。
米原万里と並び称される下ネタ好き通訳、田丸公美子の著作。同じ下ネタでも指向(嗜好?)するジャンルが異なるとの主張に違わず、引用されている小噺がすべて正統派の艶笑小噺なのは立派。



「パンツの面目ふんどしの沽券」読了。
ふざけたタイトルととんでもないテーマであるにも関わらず、下品ではない。これは作者が真面目に(かつユーモアを忘れることなく)アプローチしている証拠だと思う。
これを読めば、これまで触れることのなかった分野についての教養がたっぷりとつくこと請け合いである。



「さいえんす?」読了

| トラックバック(0)

「さいえんす?」読了。
「容疑者Xの献身」でを受賞した“エンジニア作家”東野圭吾のエッセイ。
取材で数学者に会った話が出てきたりしてにやりとさせられる。


さいえんす? (角川文庫)

(ASIN: 4043718039) / 東野 圭吾 / ¥ 432

/ 角川書店 / 在庫あり。

「小川未明集―幽霊船」読了。
小川未明(びめい、と読むらしい。はじめて知った)といえば、「赤い蝋燭と人魚」「黒い人と赤い橇」などを読んで怖かった覚えがあるが、意外なほど多作な人だったらしい。この本には30編ほどが収められているが、なんというか、説明も理屈もなしの物語がこんなに怖いものだったとは。キャンバスごとぶった切った絵のような不気味さ、といえばわかっていただけるだろうか。


「陰陽師瀧夜叉姫 下」読了。
このストーリーとあのキャストでまた映画を作らないかな。


「陰陽師瀧夜叉姫 上」読了。
ひさびさの陰陽師。シリーズを通して読んで来ているが、文庫で上下巻というボリュームは初めてではないかと思う。



「NHKにようこそ!」読了

| トラックバック(0)

「NHKにようこそ!」読了。
以前から気になっていた本。主人公の凄絶なまでのダメ人間っぷりを楽しむ、という趣旨(たぶん違う)。


「ガン病棟のピーターラビット」読了。
栗本薫による闘病記。
闘病記と呼ぶには語弊があるほど、文章は明るい。実際はどうあれ、この調子でがんばって作品を生み出し続けてほしいと(無責任な読者としては)思う。そして、なんとしてでもグイン・サーガにはけりをつけてほしいものである。


「吸血鬼ハンター 20 D-不死者島」読了。
一生懸命1冊の本に押し込もうとしているようだが、なんかもう、支離滅裂。それはそれでおもしろいんでいいんだけど。


「言葉を育てる―米原万里対談集」読了。
ほうぼうで行った対談を収めているため、若干ネタのかぶりが見られる。ネタは豊富に持っていた人なのだと思うが、サービス精神と個々のネタに対する厳しい基準がこの現象を生んでいるのだろう。それはそれでいいものだ。


「日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ 」読了。

昨年末から長らく積ん読になっていた本。この手の本としては異常と思えるほど読みやすかった。食わず嫌いでこの本を読んでいない方は騙されたと思って手に取ってみてほしい。
第29回サントリー学芸賞第10回読売・吉野作造賞受賞作



「恐怖の存在 下」読了

| トラックバック(0)

「恐怖の存在 下」読了。
上巻までで想像していた以上にハリウッド超大作系だった。まあ、マイクル・クライトンであればそれも当然か。



「恐怖の存在 上」読了

| トラックバック(0)

「恐怖の存在 上」読了。
ひさびさのマイクル・クライトン。先日読んだ「深海のYrr」と道具だてに共通する部分がある。だからどうだということはないのだが。



「「婚活」時代」読了

| トラックバック(0)

「「婚活」時代」読了。
人生で最も長期の契約関係と言える「結婚」。同じく長期の契約である就職と同様、結婚も社会の変化に伴い、その有り様を変えて来ている。
結婚するのが当たり前、でなくなった社会にあって、結婚を願う男女は、就職活動ならぬ結婚活動(婚活)にいそしむ、らしい。
結婚を就職のアナロジーでとらえるのは大変結構だが、昨今の「就活」のように、とにかく関門を突破することに主眼がおかれ、契約に漕ぎつけたあとのことは何も考えないのであれば、契約の流動化・短期化が進むばかりなのではないだろうか。


「[非公認]Googleの入社試験」読了。
以前に類書「ビル・ゲイツの面接試験」を読んだのだが、マイクロソフトよりもGoogleのほうがより高度な問題を出しているらしいことがわかった。だが、マイクロソフトとGoogleでまったく同じ問題が出ているのはどういうわけだろう?こんな、奇を衒うことが自己目的化しているような試験で標準化もないだろうし。


「爆笑問題のハインリッヒの法則―世の中すべて300対29対1の法則で動いている」読了。
ラジオ番組のネタを収録したもの。爆笑問題はこの本でハインリッヒの法則を世に広めたことを評価され、2003年にリスクコンサルタントオブザイヤー特別賞が贈られたらしい。ネタのひとつひとつに勢いはあるのだが、ハインリッヒの法則のフォーマットから逸脱してしまっているものが多く、パロディーとしての完成度はいまひとつ。



「深海のYrr 下」読了

| トラックバック(0)

「深海のYrr 下」読了。
ほんとうにハリウッド映画化されるらしい。笑える。



「深海のYrr 中」読了

| トラックバック(0)

「深海のYrr 中」読了。
不吉な予感。
謎の災害→人類の英知を結集→敵の正体判明→新兵器投入→最後の決戦・尊い犠牲→愛の勝利、というパターンにいってしまわないだろうねまさか。
そんなのハリウッド映画に任せておけばいいのに。



「深海のYrr 上」読了

| トラックバック(0)

「深海のYrr 上」読了。
先日読んだ「パンドラ」(竜頭蛇尾な感じが残念でした)に似た出だし。派手なドンパチに持って行ってしまうという誘惑に、この作者は耐えられたかどうか。