2008年7月アーカイブ


「司政官」読了

| トラックバック(0)

「司政官」読了。
解説まで含めて700ページ以上。決して薄い本ではないが、すんなりと読み通すことができる。このシリーズで長編と超長編がそれぞれ出版されているが、その取っ掛かりとしては最適と言っていいだろう(が、その長編と超長編を読んで楽しめるかどうかは別問題で、両方とも未読の筆者としては現段階では保証もできない<無責任)。



「鈴木先生 5」読了

| トラックバック(0)

「鈴木先生 5」読了。
ナイーブな/ナーバスなだけだった鈴木先生が、最近やけに自信をもって行動するようになっていて、頼もしさと共に一抹の寂しさを感じたりしている。