2008年4月アーカイブ

「シュレディンガーのチョコパフェ」読了。
軽い感じの表紙に似合わず、しっかりとSFとして楽しめた。ルーディラッカーばりの表題作もさることながら、柳田理科雄監修のサイボーグ009といった風情の2篇目が良い。SFは筋の通った馬鹿話、という主張を裏付ける面白さ。


iTunesに手持ちのCDを取り込もうとしたが、いつもはインターネット経由でCDDBから取得できる曲名などの情報が取得できない。先日、諸般の事情でbonjourサービス(iTunesと同時にインストールされる通信サービス)を停止したのでその影響かと思っていろいろ試したが復旧しない。もう1台のPCに新たにiTunesをインストールしてもうまくいかない、という状況まできてはたと「もしかしてCDDBが停まっている?」と思い当たったしだい。妻には「普段だったらまず検索して調べてるのにね」と笑われた。
「CDDB」で検索していて記事を発見したのだが、先日GraceNote社(CDDBの運営会社)は米SONYに買収された模様。まさかそこまであこぎなこともするまいと思いながらもちと不安。


「遺跡の声」読了

| トラックバック(0)

「遺跡の声」読了。
第1回日本SF大賞受賞作「太陽風交点」の原型となった短編版を含む連作集。短編から長編へのリライト、というパターンはカードの「エンダーのゲーム」を思わせる(エンダーのゲームのほうが5年ほど後の発表)。