2008年1月アーカイブ

「「洋酒天国」とその時代」読了。
企業の広報誌、しかもバーの酔客向けのそれの中にあって、休刊から40年を経てなお語り継がれるものがどれだけあるだろう。
洋酒天国という雑誌を通して、その背景となった昭和30年代という「空気の濃い時代」を丹念に描き出している。
淡々とした筆致ではあるが、この筆者もまた、この濃い空気を呼吸して生きた登場人物の一人である。

羨望の溜息を禁じ得ない。