2008年1月アーカイブ

「「洋酒天国」とその時代」読了。
企業の広報誌、しかもバーの酔客向けのそれの中にあって、休刊から40年を経てなお語り継がれるものがどれだけあるだろう。
洋酒天国という雑誌を通して、その背景となった昭和30年代という「空気の濃い時代」を丹念に描き出している。
淡々とした筆致ではあるが、この筆者もまた、この濃い空気を呼吸して生きた登場人物の一人である。

羨望の溜息を禁じ得ない。

「世界の宗教を読む事典」読了。
世界の宗教に関する101のキーワードについて、それぞれ新書2ページ程度の簡潔な解説を加えている。特定の宗教に肩入れすることなく、記述は淡々としたもの。日本では比較的マイナーな宗教についての知識が増えるのは勿論、仏教などの、知っているつもりになっているだけの宗教に対する認識も深められる。



「誰か Somebody」読了

| トラックバック(0)

「誰か Somebody」読了。
宮部みゆきの作品は作者買いして後悔したことがない。
まるで観衆の目が届かないところまで丹念に造形された模型のように、その作品世界はその断片からさえ厚みと独特のリアリティを漂わせる。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 風待町(かざまちちょう)医院 異星人科 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

221202579