2007年10月アーカイブ

「闘鬼 (グイン・サーガ 116)」読了。
飾り立てた絢爛豪華な文体、といえば聞こえはいいが、だんだん文章のくどさが鼻についてくる。こういう文体、退廃的な舞台を表現するには向いているのだろうか。