2007年10月アーカイブ

「闘鬼 (グイン・サーガ 116)」読了。
飾り立てた絢爛豪華な文体、といえば聞こえはいいが、だんだん文章のくどさが鼻についてくる。こういう文体、退廃的な舞台を表現するには向いているのだろうか。

「そばかすのフィギュア 」読了。
絵画や舞踊といった美しいモノを題材に選びながら、この作者は物語をありきたりのハッピーエンドで飾ることに満足しない。すれた読者にはそれが好もしい。


「D-魔道衆」読了

| トラックバック(0)

「D-魔道衆」読了。
朝日ソノラマがなくなり、どうなることかと心配していたが、朝日文庫ソノラマレーベルなる文庫に移籍しての登場。
このシリーズ、このところ物語が収束せずに2分冊3分冊とずるずる続く傾向があったのだが、今回はかろうじてまとまった、という感じ。収拾がつかなくなる寸前の危うさがまたいい。

「チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術」読了。
最近流行のライフハック系図書の1冊。仕事を円滑に、効率よく進めるためのコツ・工夫を、この本では特にチームでの仕事(文字通りのチームワーク)にスポットを当てて紹介している。その種明かし、どうしてうまくいくかは社会心理学の用語で説明されている。以前、あるセミナーで、IT技術者はもっと社会心理学を勉強すべきという趣旨の話を聞いたことがある。たしかにその方面の知識は足りないし、それによって説明がつく現象は身近に多いように思う。
実際のチームワークにこれらのハックを適用して100%うまくいくとは正直なところ思えないが、試してみても損はなさそうだし、楽しそうである。

「さらば愛しき大久保町」読了。
くだらないくだらないといいながら結局3部作すべて読んでしまった。

「マイ・フェア・レディーズ」読了。
手に入らない状態が長く続いていたのが、改訂・復刊されたらしい。ご都合主義といえばこれほどのご都合主義もない内容。それが、いい。
この作者の他の作品もどんどん復刊してほしいものである。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) フラジャイル(15) (アフタヌーンKC) フラジャイル(16) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 健康で文化的な最低限度の生活 (1) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (2) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (3) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (4) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (5) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (6) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (7) (ビッグコミックス) 健康で文化的な最低限度の生活 (8) (ビッグコミックス) 白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫) 白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 (新潮文庫) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART1 (ハヤカワ文庫JA) 天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA) 天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART3 (ハヤカワ文庫JA) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 神様の背中~貧困の中の子どもたち~(書籍扱いコミックス) さよならの儀式 風待町(かざまちちょう)医院 異星人科 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN 取締役の法律知識 (日経文庫) 古代戦士ハニワット(3) (アクションコミックス) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略 他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

221205288