2007年1月アーカイブ

「タイスの魔剣士―グイン・サーガ〈111〉」読了。
前半が、ゲームのプレーレポートみたい。
次の巻に向けてこの巻は準備、といった扱いができるのはこのシリーズならでは。


「もしも願いがかなうなら」読了。
「だれも猫には気づかない」「天より授かりしもの」と同じ路線。いい作品だと思うが、いかんせん、量が少ない。前2作とあわせて1冊の中編集にしてちょうどいいくらいではないだろうか。


「新版 MBAマネジメント・ブック」読了。
ある試験(センター試験ではない。念のため)の参考図書として読むことになった本。
充分な範囲が充分な深さで簡潔にまとまっている良書だと思う。が、課題図書になった途端、恐ろしく退屈に感じられるのはなぜなのだろう。


「PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)」読了。
この本、Amazonで予約注文していたのだが、発売されて2ヶ月たっても届かなかった。すったもんだがあって、手元に届いたのは年明けだった。だめじゃん>アマゾン。
本は面白かった。待った甲斐があった。


「仮面ライダーSPIRITS 11 (11)」読了。
内容と全く関係ないが、昔、Xライダーのおもちゃを持っていた。紐を引っ張ると何種類かのセリフが再生されるというものだった。最近のおもちゃは技術的にもデザイン的にも洗練されているけれど、本質的にはあまり変わっていない気がする。あのおもちゃ、捨てちゃったかな……。



ベーチェット氏病

| トラックバック(0)

ダンス&ボーカルユニットEXILEのパフォーマー、MATSU(31)が国の難病(特定疾患)に指定されているベーチェット病であることが6日、分かったらしい。病因が不明で治療法が確立していないというだけでなく、視力を失う場合もあるなど、過酷な病気らしい。
ベーチェット氏病を描いた作品として、さだまさしの小説(映画化、ドラマ化もされた)「解夏」を御紹介。



解夏 [DVD]

(ASIN: B0001JZHGW) / ¥ 6,480

/ 東宝

「あかんべえ〈下〉」読了。
限られたページ数のなかでこれだけの話を広げてきっちりたたむ、というのは並大抵のことではない。途中、多少がちゃがちゃしたが、一気に読み通して全ておさまるところにおさまる。すごい。


「あかんべえ〈上〉」読了。
大江戸版シックスセンス、といったところ。1ページ目からぐいぐいと引き込まれる作りは見事。