2006年12月アーカイブ


2006年最後の発見

| トラックバック(0)

年越しなのでスパークリングワインを開けては見たけど、ちょっと何かつまみがあったほうがいいな、だけどここ数日の暴飲暴食でお腹はいっぱい、というときに、杏の干したやつが結構いけます。

みなさんの2006年はどんな年でしたか?
みなさんの2007年がささやかな、しかし重要な発見に満ちた年でありますように!

「がんばれ自炊くん! グルメ編」読了。
人気サイト「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた本。投稿されたレシピの数々はどれも食欲をそそるものばかり。たまたま肉屋の行列に並んでいるときにこれを読んでいて死にそうになりました。


「文庫版 百器徒然袋―雨」読了。
焦点の当て方を変えているだけなのに物語の印象は大きく違ってくる。こっちの方が本編よりとっつきやすくて好き、という向きもあるのでは。


この季節になると思い出すのが雪合戦ゲーム「Snowcraft」。最新のフクザツなゲームに比べると素朴だが、飽きの来ない独特の味わいがある。

ペプシのサイトで、タイピングゲーム公開中。なかなかの難度。
暇な人は挑戦してみよう。


ちなみに、全ステージクリアするとこんなもの↑をもらえる。

「銀の言いまつがい」読了。
前作と同様、背表紙の上下から本体の「折」が覗くつくりになっていますが、ここが破れやすいようです。けたけた笑っているといつの間にか…というケースに御注意を。


「金の言いまつがい」読了。
相変わらずの破壊力。
通勤電車の車内で読むと怪しい人になれること請け合い。


「ストームブリンガー―永遠の戦士エルリック〈4〉」読了。
最後の最後まで……。主人公、かわいそう過ぎます。いや、ある意味予定調和なのかもしれませんが。
しかもこの展開のあと、シリーズはさらに続きます。完全に未知の領域。



アーカイブ

Books

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) マルガリータ (文春文庫) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) 義母と娘のブルース コミック 全2巻セット

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

189499588