Reading: 2006年11月アーカイブ

「レインレイン・ボウ」読了。
月曜日の水玉模様」の姉妹編。独立した物語として楽しめるが、本書の前に読み返しておきたいところ。

「春になったら苺を摘みに」読了。
「家守綺譚」と同じ作者によるエッセイ。現実の世界でこんなことが起こっていたら、そりゃあどんな怪異が起こっても気持ちは穏やかだろうさ。


「家守綺譚」読了

| トラックバック(0)

「家守綺譚」読了。
見ようによっては大変な怪異が起こっているのだが、この作品はそれをあくまで淡々と、穏やかに描いている。その穏やかさがある意味で一番怖い、かもしれない。

「快楽の都―グイン・サーガ〈110〉」読了。
“旅芸人一座編”もいよいよ佳境。この巻でこのくらいまで進むだろう、という予測は見事に裏切られ、作者はこの流れをもうしばらく楽しむようす。

「博士の愛した数式」読了。
数学という題材を扱いながら、「こたえを出すばかりが能ではない」という作者の主張がこれほどつたわってくる作品もないだろう。ほどほどの歯ごたえでよみやすくまとまった佳品。


「百鬼夜行 陰」読了

| トラックバック(0)

「百鬼夜行 陰」読了。
「京極堂シリーズ」の未公開シーン集、とでも言えばいいのだろうか。本編中でたとえば「死体となって発見され」る登場人物たちの前後のいきさつを緻密に描いている。ひとつひとつの話の密度は本編並みに濃く、“もしや、これらの断片から浮かび上がってくる全体のストーリーがあるのでは?”とかんぐってしまうのに十分(だが、どうやらそういう趣向はないらしい)。


アーカイブ

Books

軽装版 風と行く者 (軽装版 偕成社ポッシュ) AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 昭和元禄落語心中(5) (KCx) 昭和元禄落語心中(6) (KCx) 昭和元禄落語心中(7) (KCx) 昭和元禄落語心中(8) (KCx) 昭和元禄落語心中(9) (KCx) 昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx) 進撃の巨人(28) (講談社コミックス) フラジャイル(14) (アフタヌーンKC) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (少コミフラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 昨日がなければ明日もない 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 巨星 ピーター・ワッツ傑作選 (創元SF文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) 古代戦士ハニワット(1) (アクションコミックス) 古代戦士ハニワット(2) (アクションコミックス) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

212681222