2006年7月アーカイブ

「この世の彼方の海」読了。
こうして順に読んでみると主人公の行動の脈絡のなさが目につく。が、それすらも計算ずくに思えてしまうのは、作者の力というよりは主人公の存在そのものが含んでいる矛盾ゆえだろう。