Reading: 2006年1月アーカイブ

「のだめカンタービレ (8)」読了。
そんなことでAerophobiaが克服できたら苦労はないだろうに。ま、いいか。

「のだめカンタービレ (7)」読了。
いかんなあ、こういうのを読むとまた歌いたくなる。
歌いたくなるというか、仲間を集めたくなるな。
もういい年なのに。

「のだめカンタービレ (6)」読了。
引き続きまとめ読み中。

14、15巻が近日発売らしい。なにやら「限定版」と言う文字も。
予約はこちらから。

「からくりからくさ」読了。
物語の時系列としては「りかさん」と、併録されている「ミケルの庭」の間に位置する作品。登場人物、特に主人公の親世代の描き分けが不十分で混乱させられた。出版はこちらのほうが早いようだが、まずは「りかさん」を読んでからこの作品を読むことをお勧めしたい。

「のだめカンタービレ (5)」読了。
関係ないが、街を歩いていて、ズボンを極端にずり下げて穿いている人を見かけると「女は皆そうしたもの」「いやあれは男だって」というやり取りをするのがお約束、という時期があったっけ。

「のだめカンタービレ (4)」読了。
“リアルのだめ”って、モデルいるのか?怖すぎる。

「のだめカンタービレ (3)」読了。

「のだめカンタービレ (2)」読了。
現実にそれやっちゃったらヤバいでしょう、という突っ込みを1.5ページに1度くらい入れたくなる。

「のだめカンタービレ(1)」読了。
故あって(縁あって、か?)まとめ読みを開始。

「アドラー博士の子どもを勇気づける20の方法―もう“いくじなし”とは言わせない」読了。
妻によると、私の息子への接し方はこの本のすすめるやり方どおりらしい。そんなにもちあげてくれなくても、この本も普通のことしか書いていない気がするのだが。

「虹の家のアリス」読了。
非常にこの作者らしい作品。読みやすく、適度に「本格的」で、なおかつ殺伐としていない。

「はじめまして重症児―私たちの在宅生活の体験と知恵」読了。
障害のある子どもは(健常児以上に)周囲の大人が「寄ってたかって」面倒を見なければならないものだと再認識。


「裏庭」読了

| トラックバック(0)

「裏庭」読了。
「ナルニア」を思わせるような正統派ファンタジーのつくりなのだが、いまひとつ物語に入っていけない。登場する事物それぞれに意味を詰め込みすぎているためではないかと思う。


アーカイブ

Books

あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 AI白書 2017 深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ) 未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書) 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) シルトの梯子 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) アロウズ・オブ・タイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫) 黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫) 空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫) 動乱星系 (創元SF文庫) 取締役の法律知識 (日経文庫) 夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス) ユダヤ教徒に見る生き残り戦略

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

199139229