2005年8月アーカイブ

「シャドウ・オブ・ヘゲモン〈下〉」読了。
作者も、この話を書きたいがために「エンダーのゲーム」を書いたわけでもないだろうが、そうなのではと思わせるのに十分なでき。


「シャドウ・オブ・ヘゲモン〈上〉」読了。
脇役だけ集めて映画を撮ってるようなものなのに、寄せ集めという感じはしない。「エンダーのゲーム」を書いたのも実はこの作品のための伏線だったのではと思えるほどである。



「ヤーンの朝」読了

| トラックバック(0)

「ヤーンの朝」読了。
このシリーズにはときどき、“次の一連のエピソードをはじめるにあたっての舞台転換”の巻があらわれるが、今回はその典型と言っていいのでは。とはいえそんな巻であっても、作者は手を抜かず、しっかり楽しませてくれる。



「D-白魔山 (下)」読了

| トラックバック(0)

「D-白魔山 (下)」読了。
上下巻を連続で読むことを強くお勧めしたい。アクションシーンの連続+敵味方の立場も目まぐるしく入れ替わるため、もう何が何やら……。



「星空の二人」読了

| トラックバック(0)

「星空の二人」読了。
本格SF、ロマンティックSF、バカSFとバラエティに富んだ短篇集。バカSFにひかれてしまうのは、SF読みの業だろうか。


「ダメな人のための名言集」読了。
名言集、箴言集と言われる書物は数多くあるが、この本は想定している読み手、引用元の幅広さでちょっと類を見ないものになっている。
名言に対するコメントもいちいち毒が効いていて良い。


「内側から見た富士通「成果主義」の崩壊」読了。
論調は若干ヒステリックなのは気になるが、自社の状況との共通点の多さに慄然とするのに十分な一冊。
気になると言えば、本文のそこかしこに差し挟まれている用語termの英訳も気になる。語彙vocabularyが増える効果もなしとはしないが、あまりに衒学的pedanticではないだろうか。



「夜陰譚」読了

| トラックバック(0)

「夜陰譚」読了。
主人公達に感情移入できない。一つ二つならともかく、短篇集の全作品が、となると計算ずくとしか思えない。
どのヒロイン(そう、収録されている短篇はすべて女性が主人公だ)も形はさまざまながらみな“壊れて”いて、作者も壊れた女性達に何か救いを用意するでもなく、ただ壊れるままに突き放す。男の私は同情することも許されず、冷や汗を流しながら読み進むことしかできなかった。

あるいはこの本は、感情移入をこばむ作品に無理矢理入っていこうとするときのストレスを楽しむための本なのかもしれない。