2005年5月アーカイブ


ファイル共有は成功

OSインストールの際にSAMBAが抱き合わせになっていたので、ファイル共有はあっさり成功。
root権限で


mkdir /mnt/[適当な名称] (初回のみ)
smbmount //[ホスト名]/[共有名] /mnt/[さっき決めた名称] -o username=[ユーザー名],ip=[IPアドレス]

※ここで、[ユーザー名]およびパスワードはWindows側のものを用いる


Windowsをサーバーにしてlinuxがクライアントというのも、前代未聞ではもちろんないだろうが、あまり一般家庭向けの構成ではないかもしれない。


Linuxクライアント環境構築

先日思い立って古いノートPCにFirefoxを入れてみたが、OSのパッチも当てていない、ウィルス対策も行っていないPCでWebを見たりメールをやりとりしたりすることに問題があると感じ、一念発起してLinuxを入れることにした。

当初、
Plamo Linux Expert
を参考にPlamo Linuxのインストールに挑戦したが、なにをやってもCD-ROMドライブが認識されず、結局断念。10日くらい悩んだ挙げ句に、池袋のビックカメラで入手した
デスクトップLinux—Vine Linux 2.6&OpenOffice.org
に基づき、Vine Linuxのインストールに挑戦した。おまじないが必要だったものの、実にあっさりインストール成功。

悩み苦しんだ10日間はなんだったんだろう。

後の人の参考となるよう、機種などの情報を書き記しておく。

  • 本体:Sharp PC-PJ1(初代PC-PJ1、Windows95プレインストールモデル)
  • CD-ROMドライブ:CE-CD01(松下製KXL-808ANのOEM)
  • FDD:本体に付属していたIOポート付きFDユニット
  • ネットワークカード:WLI-PCM-L11(メルコ製無線LAN)
後日、(お恥ずかしい限りだが)Plamo Linuxのインストールの失敗の経緯も記録しておく予定。どなたか詳しい方(あるいは未来の自分)による敗因分析を期待して。 今後の予定:
  • VineLinuxのバージョンアップ(2.6→3.1)
  • Firefox、Thunderbirdのインストール
  • OpenOfficeのインストール
  • メインマシンとのファイル共有環境構築

「魔法使いになる14の方法」読了

「魔法使いになる14の方法」読了。 テーマがテーマだけに、なつかしい作家の名前がたくさん。ネズビットなんか「砂の妖精」以来ではないだろうか。

Firefox半角英字文字化け

勢いに乗って、もう丸7年使っているWindows95ノート機にFirefoxとThunderbirdを入れてみた。ところが、起動してみると、文字化けが発生。それも、通常よくあるようなページ内の日本語が化ける文字化けではなく、URL欄やボタンの「google」など、半角英数字が化ける。化けている文字を眺めると、どうも半角英数字が「mapsymbol」というフォントで表示されているようだ。いろいろやってみたが、原因はつかめない。結局、mapsymbolを表すフォントファイル「MAPSYM.TTF」をリネームして回復させた。
多分もっとシンプルで正しい対処はあるのだろうが、まあいいや。


Firefoxを入れてみた

メインマシンにFirefoxを入れてみた。ライブブックマークとか検索ウィンドウとか、ちょっとしたところに工夫が見られて、なかなか良さそう。メインマシンのデフォルトブラウザはFirefoxに切り替える。今後、少しずつカスタマイズなどしていこうと思う。

「グインサーガ 100 豹頭王の試練」読了。思えば遠くに来たもんだ。作者もグインも私も。

「仮面ライダーSPIRITS 7 (7)」読了

「仮面ライダーSPIRITS 7 (7)」読了。
日本人の、あるいは人間の本能の中に「揃い踏みの快感」というのがあるのでは無いだろうか(*)。歌舞伎などにも共通のものを感じる。いよいよ10人のライダーが勢ぞろいして巨悪に立ち向かう第7巻。
(*)戦隊ものは毎週それなんだけど。



「PLUTO (2) ビッグコミックス」読了

「PLUTO (2) ビッグコミックス」読了。
すごいすごい。次が待ちきれない。






「あのブランドの失敗に学べ!」読了

「あのブランドの失敗に学べ!」読了。
つねづね、マーケティングを学問として取り扱うことに疑問を感じているのだが、この本を読んでさらにその意を強くした。有名ブランドの有名な失敗例を題材にした敗因分析ということで楽しく読めはしたが、しょせん結果分析は結果分析、その教訓を生かした事例が成功事例になる保証は全く無い。マーケティングを学問の分野として取り扱うことが不適切だとまではいわないが、物理学にたとえて言えばアルキメデスの時代のようなことをしているのだという自覚を、世のマーケッターたちは持つべきではないか。



「ゼノサイド〈下〉」読了

「ゼノサイド〈下〉」読了。
前2作(「エンダーのゲーム」「死者の代弁者」)が両方ともダブルクラウンだったにもかかわらず、本作がダブルクラウンが取れなかったのはなぜだろう(いや、2作連続ダブルクラウンのほうがとんでもないことではあるのだが)。後半、若干テツガクテキな遊びに走ってしまい、ストーリーの展開がだれた感はあったように思う。
いずれにせよ、こんなあからさまなヒキを作られては、次を読まないわけにはいかない。



「アグレッサー・シックス」読了

「アグレッサー・シックス」読了。
「宇宙の戦士」「エンダーのゲーム」「終わりなき戦い」をごたまぜにして100で割ったような感じ、とでも言おうか。翻訳の方の苦労は一方ならぬものがあったろうと想像する。



アーカイブ

Books

進撃の巨人(24) (講談社コミックス) 闇のパープル・アイ (2) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (3) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (4) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (5) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (6) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (7) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (8) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (9) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (10) (少コミフラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (11) (フラワーコミックス) 闇のパープル・アイ (12) (フラワーコミックス) 教科書名短篇 - 少年時代 (中公文庫) ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 上 (ハヤカワ文庫SF) 竜との舞踏 中 (ハヤカワ文庫 SF マ 8-16 氷と炎の歌 5) 竜との舞踏 下 (ハヤカワ文庫SF) クロックワーク・ロケット (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) エターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則 取締役の法律知識 (日経文庫) 現場ですぐ使える時系列データ分析 ~データサイエンティストのための基礎知識~ ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 現場のプロが教えるWeb制作の最新常識[アップデート版] (知らないと困るWebの新ルール) すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法

Link

Feed

このブログを購読

Follow

follow on Twitter

Counter

165445831