2004年8月アーカイブ

「イノベーションの本質」読了。
市場をにぎわしたヒット作の「イノベーションの本質」を人と組織の観点からとらえる、という趣向。各事例について“物語編”“解説編”の2パートに分かれているが、物語編だけを読みとばして“面白いけど、参考にはならんなー”と感じるのが、まあ普通の感覚なのではないか。13の成功事例を分析しても、いくつかのキーワードが提示されるのみで、それが、矛盾のない法則の体系にまとまっていく気配はやはりみえない。これは別にこの本の作者が悪いわけではなく、経営学とかマーケティングといった分野がまだまだ学問として洗練されきってはいない証拠なのだと思う。
ただ、“解説編”を読んでいて気になるのが、「ネタに困ると横文字に言い換えてお茶を濁す」傾向。これは紛れもなくこの本の著者が悪い。私がこの先生の授業を受けていたら「また始まった…」と呟いて30秒後には居眠りを開始していることだろう(そして留年する、と)。


「ペイチェック」読了。
既に出版されている短編集からの寄せ集め。ただ、読んだのは相当昔のことなので、それなりに楽しめた。
「パーキーパットの日々」「まだ人間じゃない」「シビュラの目」「人間狩り」「永久戦争」すべてを読んだ方は、注意。


秀丸エディタを4.13にバージョンアップ。
エンコードの自動判別が強化され、UTF-8のファイルをいちいち「閉じて開く」しなくてすむようになった。本当に、本当にありがたい。

「スカーレット・スターの耀奈」読了。
梶尾真治の作風は決して嫌いではないが、似た系統のものをわざわざ集められてしまうとちょっと食傷する。


「世にも珍妙な物語集」読了。
着想とその展開(暴走)はおもしろいが、オチのないまま通り過ぎてしまう作品があるように感じる。まさかそれが「珍妙」の由来とも思えないが……。



巻末の解説が(ほとんど解説になっていないが)にやりとさせてくれる。

トリビアの泉に詳しい方はこう語る。
はい、確かにTVで放送されたのに単行本には掲載されていないトリビアがあります。それは、2004年5月12日に放送された「法隆寺の天井にはHな落書きがある。」です。
実際に「へぇの本(8)」を確かめてみた。


p.37No.432陸上の歴史上男子100M走で世界記録を取り消されたベン・ジョンソンは二人いる
p.39No.433視力検査に使うマークの名前は「ランドルト環」
p.41No.434江戸時代のお金「寛永通宝」は昭和28年まで使えた
p.43No.435モハメド・アリがボクシングを始めたのは自転車を盗んだ犯人をぶちのめすため
????No.436国宝法隆寺の天井には奈良時代に書かれたHな落書きがある
p.45No.437千円札の夏目漱石は喪に服している写真で五千円札の新渡戸稲造は結婚式に参加した時の写真
p.47No.438エンピツを振った時ぐにゃぐにゃに見える現象の名前は「ラバー・ペンシル・イリュージョン」
確かに、掲載されていないトリビアがあった。

(補足トリビア)
No.436以外にも、これまでに2件、単行本に掲載されていないトリビアがあります。さがしてみましょう。









moblog始めました

| トラックバック(0)

moblog mail gatewayを使って、携帯電話から読書記録を投稿できるようにしてみた。大したことを書いているわけではない(量的にも、質的にも)ので、なかなか快適。
携帯電話のメールのスペックでBlogへの投稿が制限(タイトルの字数とか)されてしまうのは残念だが、こんな問題は使用する端末が進化して、すぐ解決してしまうことだろう。


「豹頭王の行方」読了

| トラックバック(0)
「豹頭王の行方」読了。 あーあ、いっちゃったよ。これでますます収拾がつかないな<ほめ言葉。

Bears & Bees を追加

| トラックバック(0)

Webゲーム紹介ページBears&Beesを追加。今年の夏は暇さえあれば(なければ暇を作ってでも)このゲームをやっていたような気がする。

Webゲーム紹介ページも、なんとなくMovabletypeで生成できそうな気がしてきた。そのうちやろうと思う。

「Blog Hacks ―プロが教えるテクニック&ツール100選」読了。
Movabletype Hacksではない、という点が特徴と言えば特徴。もう少しMovabletypeについて深く掘り下げるか、もっと他のツールも広く取り上げるかしても良かったのではないかと感じる。
ともあれ、Movabletype一辺倒だった私のようなものにもBloxsom面白そう、と思わせるのだからそれなりに効果はあったと考えるべきなのかもしれない。



羹に懲りて膾を吹く

| トラックバック(1)

妻、長男と一緒に幕張メッセで開かれている脅威の大恐竜博へ。2年前の「世界最大の恐竜博2002(オフィシャルサイト閉鎖)」の混雑の記憶があったので、わざわざ(長男の誕生祝にこじつけて)休暇をとり、日焼け止めや飲料の確保など、万全の体制で臨んだ。

がらがら、とまではいかないものの、待ち時間0で入場可能だった。拍子抜け。主催者には申し訳ないが、このくらいの込み具合がちょうどいい。落ち着